伽藍博物堂の公演情報、活動情報などをお知らせします。

 

 連絡先
TOPページなどに記載されている「Contact」連絡先のうち、電話番号と住所は現在使われておりません。
「メール」フォームはこちらに届いていますので、使えます。

 伽藍博物堂企画・「劇団かいぞく船」公演
劇団かいぞく船公演「物語の海をこえて」
開演日時:8月12日(土)14:00(Aキャスト)、18:00(Bキャスト)
       13日(日)11:00(Aキャスト)、15:00(Bキャスト)
       (開場は開演時間の30分前)
会場:清水テルサホール
     (静岡市清水区島埼223・JR清水駅東口より徒歩5分)

前売りチケット:一般2000円、高校生以下1000円
    (当日は+500円。チケットは日時指定、自由席です。)
【チケット取扱い窓口】サールナートホール(TEL. 054-273-7450/月〜土 10:00〜17:00)
【チケット予約】
・希望の「日時」「一般・高校生以下の区別」「枚数」「連絡先」を下記問い合わせ先にメールか電話でお願いします。
・ チケット購入後の日時変更は、下記問い合わせ先に問い合わせてください。
・ 予約は8月10日まで受け付けます。チケット代金は当日精算となります。

あらすじ:高校の文芸部に所属しているサチとカリン。二人をはじめとする文芸部員達は、書きかけの物語を完成させるため、ある噂話を試してみることにする。その噂話とは「新月の夜、裏通りの古書店へ行くと、ある条件を満たした者だけに魔法のペンが与えられる」というものである。新月の夜、その古書店を訪ねた彼女達は、自分の書いた物語の登場人物たちに導かれるように、物語の世界へと迷い込んでしまう。

自分の書いた登場人物たちと一緒に、自分がまだ書いていない物語の世界を航海しながら、彼女達は自分の中にある悩みや想いに気づいていく。あるいは気づかない振りをしていたことを受け入れていく。それは大きくなってもファンタジーを読むことを止めない大人の物語でもある。
静岡市こどもミュージカル2014で上演され好評だったミュージカル作品の再演。大人も子供も楽しめる作品になっています。ぜひご来場ください!

作・演出:佐藤剛史
作曲:福嶋尚哉
振り付け:望月優也
歌唱指導・衣装:朱雀真由美
宣伝・舞台美術:たけだこうじ

出演:
Aキャスト:岩本千尋、植田美羽、植松理子、大石愛佳、大高彩、海蔵日菜子、勝見円、川口涼子、大坊野々花、中村妃菜
Bキャスト:石垣里菜、今井悠月、加藤咲穂、加藤穂乃佳、杉山朱里、杉山菜美恵、鈴木菫、中田百奈美、西川心音、水野実里
A・Bキャスト:青野萌、浅沼心、浅沼南、伊藤優月、植松真子、大石七未、鈴木結惟、相馬千颯、中村凜音、長谷川光、松浦実柚、水野空希、森田朋樹
望月優也、朱雀操、佐藤剛史

稽古の様子はブログで。
http://gekidankaizokusen.eshizuoka.jp/

主催:伽藍博物堂
後援:(公財)静岡市文化振興財団

問い合わせ先
garan-s@garan-garan.com(伽藍博物堂)

CGI-design 
▲PAGETOP